タイのブロックチェーンコミュニティへ、ブロックチェーン学位証明書を発行しました。

Credentiaがタイ人ユーザー向けに発行したブロックチェーン証明書

当社はタイのブロックチェーンコミュニティからの依頼を受け、ブロックチェーン証明書を発行、jsonファイルにて各学生への配布を完了しました。

ブロックチェーン証明書を学歴詐称防止の一助に

タイやマレーシアなど東南アジアでは学歴を詐称する事案が多く、雇用機会の不平等を招いています。

弊社のブロックチェーン証明書は、証明書の内容がブロックチェーンのハッシュ値と紐付けられた形で保存されるため、その性質上、改ざん不可能な仕組みになっており、学歴や職歴詐称を防止する機能性を備えています。

発行システム「Credentia」を使用

今回の証明書は、弊社が独自に開発したブロックチェーン証明書発行システム「Credentia」を利用しています。

「Credentia」で発行される証明書は、Blockcertsという世界標準規格に準拠しており、他プラットフォームとの互換性があります。

Blockcertsについて

また、BlockcertsはMIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボでも採用されている規格であり、ブロックチェーン証明書発行におけるデファクトスタンダードとなっています。

Blockcertsの詳細について、当社はmediumにて情報発信を行っています。ブロックチェーン証明書、ならびに自己主権型IDについてご興味のある企業様はこちらを御覧ください。

Comments are closed.